素顔屋は、香取市佐原の古い町並みの中心、三菱館(佐原町並み交流館)の前にある、明治後期と大正期にそれぞれ建てられた切妻平入りと、大正10年(1921)築の切妻妻入り洋風造り の3棟で営業いたしております。元々この建物では、蜷川家具店が箪笥等の家具・小物類の製作、販売を行っておりました。

 向かって右側の洋風な建物は、大正から昭和初期に流行した「看板建築」と言われる建物で、木造切妻妻入り建造物の前面をモルタル洗い出しにしたもの。特に2階上部の仕上げには、手を惜しまずに丁寧に仕上げた職人の技が光ります。

 平成8年~10年にかけて、3棟全てを看板、外壁等景観に合わせ修繕しました。